日本茶専門店 販売・喫茶 つきまさ

つきまさお茶だより

ひとりごと

申年を迎えます


来年は申年です。
申年は摩去るとか勝年など言い、苦難から勝つ年です。

そんな年に出すつきまさ限定のお茶は、迎春茶70g入876円です。裏側に140円切手を貼れば日本全国に郵送することができます。中に入っているお茶は味の濃い良いお茶です。
喫茶の方ですが、新春は福茶を、そして大寒(1月21日)の頃から再び甘酒をはじめます。

皆様、よいお年をお迎えください。
tukimasa-geisyun.jpg

秋のお茶教室を催します


秋になりました。秋はお茶のおいしい季節です。
暑い夏を越したお茶が熟成してコクが増し、青さが消え飲みやすくなってます。
「つきまさ下北沢」では、今までのお茶に加え「有機栽培茶100g 870円」、そして肥料・農薬を使わず自然の力のみの「自然栽培茶100g 870円」、そして福岡は八女の天然玉露といわれる幻のホワイトリーフティ(白茶)「白姫50g缶1150円」を売り始めました。
また、10月25日(日)AM 11:00〜12:00位に、当店にて「秋のお茶教室」を催します。
会費2000円定員8名です。
電話、Fax、または直接当店にて申し込みをお願いします。

冷茶の話と「つきまさ」夏メニューのお知らせ


久しぶりの更新になります。
今年の新茶は、3月の冷えからだんだん暖かくなり、雨も適量あったため、悪くない年でした。
お茶の出来も「つきまさ」では、うま味のあるお茶が多かったです。

さて、もう8月なので、冷茶の話をします。
7月にNHKの「ためしてガッテン」で冷茶を取り上げてました。氷水で出す冷茶は、渋味、苦味が抑えられ、お茶のうま味を味わえるものです。

・冷茶の煎れ方
お茶10gに対し、氷水40cc,100cc,1000cc
氷水が少ないほど、こいうま味のお茶になり、氷水の量が多いほど、さっぱりします。

喫茶のほうでは、夏の特別メニューは爽やかな冷しょうが番茶と、飲む点滴甘酒で、夏の疲れやすい体にぴったりです。
8月のお休みは、お盆も通常営業、定休日の水曜日のみを予定しています。

年の末を迎えて


平成二十六年ももうカウントダウンですが、「つきまさ」は喫茶も販売も年末らしい忙しさです。
今のおすすめ、販売の方で迎春茶70g 864円となります。140円切手を直に貼ることで日本全国発送することができます。一寸としたお歳暮や実のある年賀状となります。
また、元旦(一回一日朝)にのみ一年の服をまねくという福茶、一回分180円です。どうぞお早めに。

2014年8月の喫茶メニュー - 甘酒、冷茶はじめました


梅雨明けして連日暑い日が続いています。
ニュースでは毎日「熱中症が今日は何人です」と報道されています。
昔にもあったと思われる熱中症(私の子供の頃は日射病と言われていました)、昔の人は麦茶やお茶を飲みながら塩分補給に梅干しやつけものを食べたらしいです。
「つきまさ」では、8月1日より、「飲む点滴」と言われる「甘酒」と「冷しょうが番茶」を始めました。
甘酒は、江戸時代は夏バテ予防に飲まれていました。街中に甘酒屋があったと言われており、俳句では夏の季語として使われています。
冷茶も番茶、煎茶、玉露、抹茶、麦茶と、それぞれ美味しく用意しております。
もちろん普段の温かいお茶もありますので、是非暑い夏、いらして下さい。

春を迎えて


4月になりました。
桜が満開の今日、桜の花の後は新緑の美しい季節、そして新茶が出ます。

もうすぐ新茶の季節です。
今年は3月中旬までは寒く、遅れていましたが、ここにきて暖かく、例年くらいになるでしょう。これからお茶にとって恐ろしいのは霜です。霜がくると、せっかく伸びてきた新芽がやられて駄目になってしまいます。

おいしい新茶を待ちましょう。
例年だと4月の20日ごろからはじまります。

立春


大寒が過ぎ、今が一番寒い時なのに暖かい日があって寒中という感じがしません。
2月3日は節分、4日は立春、暦の上ではもう春です。
立春から八十八日目が、
♪♪夏も近づく八十八夜♪♪
でうたわれる、静岡新茶の茶摘みの忙しい時です。
今年はどんな新茶が出来るのでしょうか、楽しみです。例年ですと、4月の20日過ぎ、ゴールデンウィークの前ぐらいに一番目が出ます。
喫茶の方は去年から始めた「甘酒」を2月からやります。栄養たっぷりの甘酒、あの『越の寒梅』の酒かすから作りますので、おいしいです。
お待ちしてます。

あけましておめでとうございます。


新年は4日より営業します。
今年もおいしいお茶とゆったりとした喫茶の時間がおくれる様、心掛けます。

新年1年の福を呼ぶ福茶が喫茶で始まります。
又、お抹茶もお正月らしくいいですね。
2014年、午年が飛躍の年となりますよう、今年もつきまさをよろしく!

秋になりました


台風が通り過ぎるたびに秋の色が段々濃くなってきます。

夏を越したお茶がおいしくなって、喫茶では矢吹セット(600円菓子付)、販売の方では印の煎茶(100g1260円)がコクがありお勧めです。

お茶を美味しく飲んで頂くため、10月27日(日)11:00~12:00にお茶の教室を開きます。
ちょっとしたコツでお茶がさらに美味しくなります。お一人2000円ですので、ぜひご参加を!

12月15日(日)にはお正月向けのお抹茶の点て方教室(初心者向け)をする予定です。

11月中旬に発売される「サライ」という雑誌のお茶の特集の中で「つきまさ」が載ってます。是非ご覧下さい。

tukimasa_1020.jpg
お茶の花は10月から12月までの間に咲く白い可憐な花ですが、「つきまさ」の店前にあるお茶の木は珍しい紅い茶の咲く品種です。つぼみもふくらみ、もうすぐ紅い茶の花が咲きます。

立秋を過ぎました


今年は夏が長く、2回夏が来た、という人もいますが、風の中に少し秋を感じられる頃です。
「つきまさ」の前の茶の木も秋10月頃に咲くお茶の花の芽が出てきました。

20130825_tree.jpg

9月7日(土)8日(日)は、北沢八幡宮のお祭りで8日の12時~14時の間は店の近くに宮入の「御輿」が10台近く集まり楽しいです。

20130825_amazake.jpg

夏もまだまだ続きそうなので、冷たいお茶もおいしいですが、夏バテ予防には、喫茶で出している「飲む点滴」と言われている甘酒が最適です。あの「越乃寒梅」のの酒粕で作っているので、味も保証付です。その他にも冷しょうが茶もあります。

20130825_tea.jpg

お買いになる夏のお茶は味ははっきりしているものがおすすめ、少し渋みのある「橙印 」(100g 840円)や香りの高い「峰の十字星」(50g 525円)が良いです。
残りの夏を楽しんで下さい。

●静岡のお茶畑


10.06kame.jpg
じめじめの梅雨ですがいかがおすごしですか?
当店の一番人気、かめまさ君は毎日おそとでお出迎えしています。
通りがかりの人に愛想をふりまいてかわいがってもらっています。
いつもかめまさに声をかけてくれるみなさまありがとうございます。

続きを読む "●静岡のお茶畑"

●きんいろ黄色


koyo.jpg

週に一度、北沢八幡の境内で太極拳をしています。
スポーツにはまったく縁のないわたしですがあのスローな動きにはなんとか
ついていけてます。これがまた効くのです。

そして朝のキラキラした空気もまたからだにじんわり効いてていいですよ。
今週は近くのいちょうの木がまっ黄色になってきれいでした。

続きを読む "●きんいろ黄色"

●8月8日 おだんごの日


8月8日 土曜日
つきまさ店内にておだんご茶会がひらかれました。
主催は『おだんご日和』さん http://odango.jp
参加者16名

odango.jpg


odango1.jpg

続きを読む "●8月8日 おだんごの日"

●とくべつな日に。


こどものお茶教室、お菓子を用意しておしぼりを用意してこども達をまつ時間。
少し緊張しながらもわくわくします。
『おはようございまーす』元気な一人目。
もじもじお母さんの後ろからちらりと顔をのぞかせて二人目。

osibori.jpg

こども達も緊張しているみたいです。
いつものお友達がいる学校や幼稚園とちがって少し大人の世界をのぞくかんじ。
後からきいた話、その日のためにおめかしをしてくれているみたいです。
前の日からブラウスとスカートをじぶんで選んで着てきた女の子
一番お気に入りのアロハをえらんで着てきた男の子
その日のために紙で作った王冠をかぶってきた子

okasi.jpg

続きを読む "●とくべつな日に。"

●のびのび あけび


去年お客さまにいただいたあけびちゃんがあたらしい葉を
すくすくとのばしています。

akebi.jpg

続きを読む "●のびのび あけび"

●正しい土瓶の使い方???


今週は良いお天気にめぐまれて気持ちのいい一週間でした。
つきまさも平日なのに沢山の方に来ていただきました。
いつものように ぱたぱた くるくる
土瓶を洗っているときに ガツッ。あっ また.....

続きを読む "●正しい土瓶の使い方???"

●ゆのみ入れ


今日は春らしいぽかぽかのお天気でしたね。
昨日もたくさんの方に桜セットの注文をいただきました。
桜の開花が待ち遠しいですね。

子供のための日本茶教室いよいよ今週末です。

続きを読む "●ゆのみ入れ"

●大切なこと


益子陶器市では、ほとんどのお店で作った方が自ら売っています。
話を聞いているうちについ買ってしまったりします。
片隅で竹籠を売っているひかえめなおじいちゃんがいました。

続きを読む "●大切なこと"

●ひといきいれる


日本人にとって一番なじみ深い飲み物 日本茶。
食事の時もだんらんの時もテーブルには急須と湯のみがあり
お母さんの横にはポットがありました。


続きを読む "●ひといきいれる"

●ひとときの幸せ


今日は、お彼岸の中日と、久々の春めいた暖かな日だったせいか
お店は、嬉しい事に朝から大盛況でした。
始まったばかりの『桜セット』も、皆さん桜の開花宣言のおかげで、
沢山注文して頂けました。

続きを読む "●ひとときの幸せ"

●今も昔も抹茶ゼリー


つきまさは昭和53年の八十八夜にオープンしました。
今年で29年、ずっとずっと人気メニューとしてその座を守ってきたのが
抹茶ゼリーです。「かたまっているの?」と思うくらいの絶妙なぷるぷる感。

続きを読む "●今も昔も抹茶ゼリー"

●肩のちからをぬいて お抹茶


ときどき出されたお抹茶を目の前に少々緊張ぎみのお客様がいます。
日常生活ではあまりお抹茶をのむ事も少ないと思いますが
お茶席などに出向いた時のあのなんともいえない空気。

続きを読む "●肩のちからをぬいて お抹茶"

↑PAGETOP